平成29年度
愛媛県特別支援学校 文化芸術支援事業 

6月6日(火)
平成29年度 愛媛県特別支援学校文化芸術支援事業
−ライフスタディU(芸術)−
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 6月6日(火)に第4回ワークショップが新居浜特別支援学校体育館で実施されました。坊ちゃん劇場で活躍されているミュージカル女優の方が、講師としてお越し下さいました。講師の紹介後、素晴らしい歌声を聴かせて下さり、会場がミュージカルのステージのような雰囲気になりました。その後、講師の先生方による「よだかの星」の朗読を見せていただきました。迫真の演技に感動しました。自分たちも、交流しながら作ったグループ毎に、役割に分かれ、「よだかの星」の朗読に挑戦しました。最後は、「雨ニモ負ケズ」を全員で練習しました。舞台の背景作りにも取りかかりました。

(講師の先生の歌)

(「よだかの星」朗読)
 6月13日(火)、第5回ワークショップが新居浜特別支援学校体育館で実施されました。はじめに、「雨ニモ負ケズ」の歌の練習をしました。全員で歌ったた後、グループに分かれて披露し合い、覚えて歌えるようになってきました。その後、打楽器体験をし、曲に合わせて、打楽器を鳴らしたりしました。最後に「よだかの星」を配役に分かれて、朗読しました。朗読の中で演奏されるピアノに合わせて、打楽器の効果音などを入れ、本物の舞台の雰囲気をイメージすることができました。
 制作班は、前回に引き続き、背景の星の制作をしました。

(「雨ニモ負ケズ」歌唱練習)

(打楽器体験)

(背景の制作「星空」)

ライフスタディU (芸術) にて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今年度、愛媛県特別支援学校文化芸術支援事業として、新居浜特別支援学校の生徒の皆さんと本校のライフスタディU芸術選択生が、交流しながら、坊ちゃん劇場の方のワークショップを受け、ミュージカルを上演することになりました。
 4月18日(火)に第1回ワークショップが新居浜特別支援学校体育館で実施されました。坊ちゃん劇場の方のご指導の下、はじめに自己紹介をしました。次に、ミュージカルがどのようなものかを実演を交え、説明して下さいました。プロの演技や歌には感動し、今後の活動がさらに楽しみになりました。その後、宮沢賢治さんの「雨ニモ負ケズ」を朗読しました。最後は、手をつなぎ輪になって「翼を下さい」を全員で歌い一体感を味わうことができました。はじめてのワークショップでしたが、交流しながら充実した活動ができました。

自己紹介

「雨ニモ負ケズ」朗読
4月24日(月)と5月2日(火)は本校の美術室や音楽室で次回のワークショップへ向けて、「雨ニモ負ケズ」を模造紙に大きく書いたり、名札、資料プリントなどを作成しました。

「雨ニモ負ケズ」作成

名札作成
 5月9日(火)第2回目のワークショップが新居浜特別支援学校体育館で実施されました。各クラスに分かれて名札を完成させたり、宮沢賢治さんのことを学習しました。その後、新居浜の昔話「つばきの木を見ていた」を実演していただきました。迫真の演技に引き込まれました。最後に、それぞれの役に分かれて、「つばきの木を見ていた」の朗読に挑戦しました。緊張しながらも、気持ちを込めながら朗読できました。

「つばきの木を見ていた」実演

「つばきの木を見ていた」に挑戦