更新履歴(令和 元年度) (30年度版はここ

☆今日の南高

9月17日(月)
『特定化学物質・四アルキル鉛等作業主任者技能講習』全員合格!
【工業系列】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2年次生5名がチャレンジ、受講者全員が合格しました。
本校ではキャリア教育を推進するため、積極的に資格取得に取組んでいます。
今後もどんどん資格取得にチャレンジしていきます!



 9月15日(日)
書道部 25メートル 制作中
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月17日新居浜祭り・山根グランドかきくらべのスローガンを今年も書道部が書きます。縦1.3×横25メートルのロール紙1本に3人で協力して書いています。
この日は体育館のフロアを全面使って、初めて通し練習をしました。来週書き上げです。歴史ある地方祭に華を添えることができるよう心を込めて精いっぱい頑張ります。



 7月26日
新居浜の魅力を商品化する発表会(愛媛プロレスを招いて)
【地域共創系列】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
転載許可番号:d20190826-004)

転載許可番号:d20190826-005)

  8月22日(木)
出前講座『気になる!介護保険制度』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 新居浜市役所福祉部介護福祉課の伊藤先生と高田先生を講師にお招きし、介護保険制度のしくみについてお話をしていただきました。福祉サービス系列2・3年次生の計15名が参加しました。
 生徒の感想「講義では、新居浜市の高齢化の現状を知り、介護に携わる私たちの役割の大きさを実感しました。将来、福祉を担う人材として、今後も勉学に励もうと気持ちを新たにしました。」

8月 20日
アーチ制作が始まりました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 昨日、ベニヤ板のパネルに白い紙を張り付けました。
 本日は、プロジェクタで原画を投射して、下書きが終わりました。
 明日から色付けに入ります。
 今年のアーチはどのチームが優勝しますか、競技は始まりました。

 


8月19日
愛媛新聞に活動を掲載していただきました。
【地域共創系列+ユネスコ部】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2019年8月19日付愛媛新聞(掲載許可番号:d20190819004)



8月12日
「瀬戸内工進曲のルーツ〜別子銅山を学ぼう!〜」
  in坊っちゃん劇場
 【地域共創系列・ユネスコ部】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 坊っちゃん劇場の舞台でユネスコ部と地域共創系列の生徒代表が日頃の学習成果を発表させていただきました。
 会場には57名もの大勢の方がお越しくださいました。発表中はクイズの回答、進行にご協力いただくなど、皆さんに温かく支えていただきました。おかげさまで、楽しく別子銅山を知る機会にしていただけたと思います。
 観劇後、ご来場の方から、発表を事前に見ていたのでミュージカルがより深く分かったとの感想もお聞きすることができ、とても嬉しく光栄でした。


   

 7月19日 〜 8月4日
インターハイ ウエイトリフティング
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  女子の全国大会が7月19日〜21日まで長野県松本市で、
男子は7月30日〜8月4日まで沖縄県糸満市で行われ、
男女とも健闘いたしました。



8月3日
別子銅山登山研修〜旧別子エリア〜
【地域共創系列「にいはま学U」】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 地域共創系列「にいはま学U」選択生徒が別子銅山発祥の地、旧別子地区を現地研修しました。
「にいはま学U」では、別子銅山について学んだ学習成果をまちづくり実践に生かすための取組を行っています。
 研修は、現地で本物を見て学びを深めるとともに現地ガイドを行うための基礎研修、さらにはメンバーの親睦を深めることをすることを目的としています。
生徒たちは、山中に残るレンガやガラスの破片など、人々が暮らしていた証を見つけられ、今では深い森になった別子銅山にかつての賑わいを垣間見ることができていました。
 今日の学びを高校生の視点でどの様に次のステップに進めて行ってくれるか楽しみです。
 
 

7月31日
「別子銅山を学ぼう!」in新居浜警察署
【地域共創系列「にいはま学U」】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 新居浜警察署において、出前講座「別子銅山を学ぼう!」を開催し、50名余りの署員が参加し、高校生の発表に耳を傾けてくださいました。
生徒たちは、警察官の方々の前での発表で緊張した面持ちでしたが、署員の皆様の温かいまなざしの中で、これまでの練習の成果を存分に発揮して、やりきることができました。
 終了後は、白バイやパトカーへの乗車なども体験させていただき、大変盛り上がりました。
 また、『ひまわりの絆プロジェクト〜命の大切さ、交通事故防止を全国で〜』の一環で警察署前の花壇に植えられているひまわりが開花しており、署員の方から交通安全の大切さを学ぶこともできました。
 
 

 7月30日
外部講師講演『発達障がいについて』
―福祉サービス系列2・3年次 補充授業―
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 聖カタリナ大学の村岡則子先生を講師にお招きし、『発達障がいについて』というテーマでお話をしていただきました。福祉サービス系列2・3年次生の計15名が参加しました。
 講義は理論編と実践編の2本柱で、理論編では「発達障がいって何?」「それぞれの発達障がいの特徴」「初期対応のポイント」について学び、実践編では、他者とのコミニケーションをしたり円満な人間関係を築いたりするためのスキルを習得できるように具体的な場面を想定しながら行うトレーニングであるSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)を体験しました。

講義の様子

パーソナルスペースの確認
 生徒たちは、「発達障がいは、本人や周りの人がその特性を理解して、その人にあった日常生活や暮らし方を工夫することができれば、その人本来の持っている力を発揮することができる」ということを学ぶことができました。
SSTの演習

7月29日
愛媛県初任者地域理解研修
「あかがねの道スタディーツアーin別子銅山」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今年度、愛媛県立学校で新規採用された教員の地域理解研修として、別子銅山の登山による研修が行われ、ユネスコ部から代表2名の部員がガイドを務めさせていただきました。
今年は、西条、西条農業、新居浜東、新居浜西、新居浜工業、新居浜商業、新居浜特別支援学校本校、新居浜特別支援学校川西分校、そして本校の9校から初任者15名、指導教員9名の計24名が参加しました。今回で9回目となり、過去最高の人数です。
ユネスコ部作成のガイドブックをお供に登山を行いました。
部員にとって本格的なガイドは初めての経験でしたが、貴重な学びの機会となり、一段と成長できるチャンスにもできました。
 
 

7月27日
「東予みらい人材育成講座A〜今治・上島町〜」
【地域共創系列「にいはま学U」】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今年度2回目となる「東予みらい人材育成講座」が今治と上島町を会場に行われました。
今治北高校大三島分校、西条、新居浜西、土居、川之江、本校の6校から24名の高校生が参加しました。
 午前中は、上島町の弓削島へ渡り、国立弓削商船高等専門学校において、田坂初太郎(弓削島出身の実業家)について学びました。
午後からは、村上水軍博物館において、村上武吉(「日本最大の海賊」と呼ばれた男)について学びました。
 研修最後は、大島の亀老山展望台(標高約308m)へ移動し、瀬戸内海・来島海峡大橋を展望しながら、学芸員さんに村上海賊にいわれの在る場所などを教えていただきました。
今回の研修を通して、歴史のおもしろさ偉人の活躍を通して自身のこれからの人生に活かしていくことの大切さを学ぶことができました。
 次回は8月24日に四国中央市において、平和を愛する人権思想家・安藤正楽について学びます。
  

7月26日
出前講座『障がい者福祉サービスについて』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 新居浜市役所福祉部地域福祉課の尾崎先生を講師にお招きし、『障がい者福祉サービスについて』というテーマでお話をしていただきました。福祉サービス系列2・3年次生の計15名が参加しました。
 講義では、障がい福祉のしおりを基に「障がい者手帳について」「障がい者福祉制度について」「障がい者に関するマークについて」等、障がい者福祉の概要と新居浜市の取組を学びました。
 今後の授業では、今回の学習内容と関連付けて学び、学習をより深めたいと思います。

講義の様子

ヘルプマークを手に取る

7月25日
オーラルヒストリー『銅山人の詩(やまびとのうた)
〜四阪島のくらし〜』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 四阪島元島民の伊川忍さん、杉野緑さんにご来校いただき、昭和30年代から40年代にかけての島の生活についてお話をお伺いしました。
 「一島一家」といわれた島民の深い絆、学校・病院・生協・役所・劇場など生活全版が島の中にある快適な文化空間が築かれている四阪島のくらしなどについて貴重なお話をお聞きすることができました。
 お二人のお話から、大人たちの温かいまなざしの中で子どもたちが生き生きと育つ島の環境や昔からの日本のよき生活の知恵にも触れることができました。また、お話をお聴きする中で、当時の島の人々の暮らしぶりが目に浮かんでくるようでした。 そして、楽しいエピソードも交えていただき、あっという間に3時間ほどの時間が過ぎていました。
 私たちは今日お聴きしたお話をビデオに記録し、語り部アーカイブ『銅山人の詩』としてまとめ、後世に語り継いでいきます。
 
 
 

 7月25日(木)
第28回 南高展(みなみこうてん)が始まりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  日時 7月25日(木)〜28日(日) 9時30分〜17時
(最終日のみ16時まで)
 場所 あかがねミュージアム
書道部、美術部の作品のほか授業作品や商業系列の作品が多数展示されます。
 多数の方のお越しをお待ちしております。

7月25日
出前講座『災害時における高齢者への生活支援』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 日本赤十字社愛媛県支部の池田宏美先生を講師にお招きし、『災害時における高齢者への生活支援』というテーマでご講演していただきました。福祉サービス系列2・3年次生とライフスタディU「防災」選択生の計18名が参加しました。
講義では、災害時高齢者生活支援講習ハンドブックを基に「災害が高齢者に及ぼす影響」「接するときのこころづかい」「気を付けたい病気や症状」等、ボランティア活動時の心得を学びました。また、ホットタオルやペーパーバック、風呂敷リュックサックを実際に作成し、身近な物を利用した活用術を身に付けました。生徒は、災害時に自分ができる支援について考えることができました。

講義の様子

ホットタオルの活用

ペーパーバック作り

風呂敷リュックサック

 <<令和元年度 オープンスクール のご案内>>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9:00〜12:50(途中下校可です。)
※中学生受付(玄関)8:30〜8:50

★本校は、オープンスクールとして地域の方にも学校をご覧いただくことができます。
(地域の方は、事務室で受付をお願いします。)★

「ご案内」はここからダウンロードしてください。

●「希望調査用紙」はここからダウンロードしてください
(体験内容の希望を調査する際にご利用ください。)

●「申込用名簿」はここからダウンロードしてください。
  (メール・FAXでお申し込みください。アドレス等は申込用紙に記入しています。)

7月24日 水曜日
第101回 全国高等学校野球選手権愛媛県大会
第2回戦 野球応援について
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
23日雨天中止 → 24日 実施予定

●野球応援の予定です。

 変更 →
 7月24日 2回戦 ひうち球場 第2試合
 
 7月26日 3回戦 ひうち球場 第2試合
 7月27日 4回戦 坊ちゃん球場 第4試合

●登校時の服装について

 1 体操服で基本的に登校してください。
 2 制服で登校する生徒は、学校で更衣してください。
    ( 女子:体育館  男子:教室 )
 3 応援団服による登校も一部認めます。 (チアは学校で更衣)
 
●7月23日について
 1 熱中症対策を、十二分にしてきてください。
 2 バスが停車後、バスの中で点呼します。( 9時40分 すぎ )
 


7月23日
坊っちゃん劇場コラボ
『瀬戸内工進曲』ルーツを訪ねて〜東平編〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 坊っちゃん劇場でミュージカル『瀬戸内工進曲』を上演中のキャスト・スタッフの皆さんとユネスコ部がそのルーツを訪ねて別子銅山・東平地区を現地研修しました。
東平時代の幕開けとなった第三通洞を皮切りに、旧変電所、歴史資料館、索道基地、さらには劇場跡や保育園跡など丸一日かけてじっくりと見学しました。
 まさに、ディープな東平を丸一日満喫し、『瀬戸内工進曲』ルーツを訪ねて先人の想いも感じることができた研修となりました。
 来る8月12日(月)坊っちゃん劇場14時からの公演に先立って、13時からユネスコ部員・地域共創系列「にいはま学」で学んでいる生徒の代表が日頃の学習成果を発表させていただきます。皆様ぜひ応援にご来場いただきたいと思います。
【坊っちゃん劇場】http://www.botchan.co.jp/
 
 
 



  第101回全国高等学校野球選手権愛媛大会 
1回戦の結果
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1回戦、今治明徳と対戦。
序盤から小刻みに得点を重ね、7回には3年生千葉のフェンス直撃のランニングホームランが飛び出すなど、7回までに8点を奪取。投げては伊藤が6回無失点、石原が1回を無失点と2年生コンビが好投。
7月16日(火) 西条市ひうち球場 第3試合

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
新居浜南 2 1 0 1 0 0 4 8
今治明徳 0 0 0 0 0 0 0 0

※7回コールド勝ち

 2回戦は7月23日(火) 西条市ひうち球場 第2試合 11:30〜
 松山商業・新居浜西の勝者と対戦予定です。応援よろしくお願いします。


7月18日
 モザンビーク共和国オリンピック委員の別子銅山観光ガイド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モザンビーク共和国オリンピック委員会のアニバル・マナベ会長さん、ペナルバ・セザール事務局長さんがご来市され、マイントピア別子の観光坑道を見学、ユネスコ部が観光ガイドを務めさせていただきました。
1時間余りクイズや様々なエピソードを交え、さらには英語のガイドにもチャレンジしました。高校生ならではの感性を生かしたガイドを通して、楽しみながら別子銅山の魅力を知っていただくことができたようです。
 観光後もモザンビークでの有名なスポーツ競技など様々な会話に楽しい交流の時間を持たせていただき、お互いのことをより深く理解することができました。
モザンビークは、鉄鉱石や銅鉱石などが豊富な資源国とのこと、8月には新居浜市でのセーリング合宿を含め、モザンビーク選手団を順次受入れることとなっています。
この度のご縁を大切にさせていただき、さらに交流を深められればと願います。

 
 
 


7月12日(金)
新居浜市管工事業協同組合出前授業

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「新居浜市の管工事についての理解を深め、キャリア教育への充実を図る」ことを目的に、新居浜市管工事業協同組合のご協力により出前講座を行っていただきました。
本校3年次生でソフトウェア技術選択生徒16名が受講しました。
 新居浜市上下水道局の職員による新居浜市上水道の災害対策についの講義や新居浜市管工事業協同組合青年部による管工事業の魅力を紹介したビデオの上映などを行っていただきました。
 生徒たちは真剣な面持ちで取り組み、積極的に質問も行っていました。
 上下水道について知る貴重な機会となりました。
 
 
 


7月 5日
グループマッチ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 7月5日(金)にグループマッチが行われました。競技は、卓球・バレーボール・バドミントン・ソフトボールの4種目です。生徒は暑さにも負けず元気に頑張っていました。結果は以下の通りです。

[卓球女子]       [卓球男子]
優 勝  黄神 3年次2組   優 勝  黄神 2年次3組
[バレーボール]       [バドミントン]
優 勝  紅鷹 3年次1組   優 勝  黄神 2年次3組
[ソフトボール]
優 勝  紅鷹 3年次1組
 

 



7月 3日
インターハイ・四国総体・高校野球壮行会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 インターハイにウエイトリフティング部男子4名、同じく女子2名が、四国総体(水泳競技)に1名の生徒が出場することになりました。また、高校野球が7月13日に開幕し、本校の野球部は16日に1回戦 西条ひうち球場で今治明徳高校と対戦します。そこで、合同の壮行会が行われました。
各部から選手の代表が、大会への意気込を述べました。太古教頭と生徒会副会長からの激励の言葉に選手の代表が、力強く決意を述べました。全校生徒は、校歌と拍手で送り出しました。

ウエイトリフティング部
  「全国大会に行けなかった仲間のためにも、シャフトに思いを込めて挙げてきます。」
水泳競技
  「最後の大会なので、悔いのないよう頑張ります。」
野球部
  「一生懸命頑張るので、暑い中ですが、応援よろしくお願いします。」

 

 6月17日
『介護実習報告会』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 福祉サービス系列3年次が10日間の介護実習を終え、実習報告会を2年次生と共に行いました。実習先の職員さんに教えて頂いたことや現場での経験についてを実演を交えて発表しました。
3年次生は、実習での個々の学びを共有しました。2年次生は、先輩の話を聞くことで実習を具体的にイメージでき、10・11月の介護実習に向けて意識を高めました。
 

 6月 13日
全校集会(四国総体・水泳県総体壮行会)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 本年度、四国総体へ出場する生徒は、陸上部1名、ウエイトリフティング男子5名、同じく女子6名となりました。また、県総体(水泳)に3名の生徒が出場します。そこで、合同の壮行会が行われました。
各部から選手の代表が、総体への意気込を述べました。山本校長と生徒会長が、激励の言葉を送りました。選手の代表が、力強く決意を述べました。全校生徒は、校歌と拍手で送りだしました。
 

 6月 6日
3年次生の介護実習が始まりました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 福祉サービス系列3年次生は、6月3日(月)から14日(金)までの10日間、新居浜市内の介護施設において2回目の介護実習を行います。2年次での介護実習は、施設の概要や職員の主な業務内容についての理解、基本的な介護技術の習得、コミュニケーションの実践が主な内容でした。今回の実習では、2年次の内容に加えて、利用者の様々な個性、生活背景、障害の状態、生活課題について理解するとともに、利用者一人ひとりに応じた生活支援の方法を介護過程の展開を通じて学んでいきます。
利用者と積極的にコミュニケーションをとり、職員の方々にアドバイスをいただきながら、個々の利用者に応じた介護を実践していきます。自分自身の健康に気を付けながら、有意義な実習となるように頑張ります。

利用者さんとコミュニケーション

笑顔で頑張ります。
 

 6月 4日
オリンピアン交流事業
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 新練習場完成を記念した「オリンピアン交流事業」の一環として、本校にオリンピアンの皆さんが訪れました。選手の皆さんが、ウエイトリフティング競技の面白さを実演してくださいました。また、綱引き対決やバドミントン対決、縄登り対決など、生徒たちと楽しく交流しました。
 
 東京オリンピックでの活躍をお祈りします。



 5月31日
第73回県総合体育大会 総合開会式
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 本日、南高選手団は、県総体の総合開会式で元気に行進しました。
 競技は、1日(土)〜3日(月)にかけて、以下の会場で行われます。
 応援、よろしくお願いいたします。

 ・陸上競技 県総合運動公園陸上競技場
 ・バスケットボール(女子) 伊予高等学校
 ・バドミントン 松山北高等学校
 ・卓球 砥部町ゆとり公園体育館
 ・ソフトテニス(女子) 空港東第4公園テニスコート
 ・テニス(男子) 松山中央公園テニスコート
 ・ボクシング 松山工業高等学校第2体育館
 ・ウエイトリフティング 新居浜市重量挙練習場
 
 

5月 30日
県総体 壮行会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  生徒会が各活動のビデオアルバムを流して、出場選手がステージに駆け上がりました。各部長が一人ずつ抱負を述べました。校長先生が「何が起こるかは最後まで分かりません。もう負けそうな状況から逆転することもあります。最後まで頑張ってきてください。」と激励されました。選手代表から「南高魂を胸に頑張りますので、応援よろしくお願いします。」と応えました。全校生徒の校歌と拍手で送りだしました。
 
 

5月28日
「ふれあい交流」(新居浜特別支援学校との交流)スタート
(ライフスタディU)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 一昨年度、昨年度に引き続き、新居浜特別支援学校の生徒の皆さんと交流がスタートしました。
 今年度は、新居浜特別支援学校の1年生の皆さんが来校し、ライフスタディUの国語、地歴、数学、保体、音楽、美術、書道、福祉、防災の9分野に分かれて交流を行います。好きな分野での交流とあって、それぞれの講座で楽しみながら充実した活動ができました。

国語

地歴

数学

保健体育
ふれあい交流
音楽

美術

書道

福祉

 5月28日
『安全・安楽な介護技術の習得を目指して』
(福祉サービス系列)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 福祉サービス系列2年次生の校内実習が本格的にスタートしました。
5月27日(月)は、生活支援技術の授業で『車いすでの移動介助』について学習しました。車いすの基本的な操作のほか、自動販売機の高さはどうか、多目的トイレの鏡や蛇口は使いやすいかなどいつもと違った視点で校内を巡り、環境整備の重要性を確認しました。
 また、5月14日(火)には、2・3年次生合同で巡回介護教室に参加して基本的な介護技術から福祉用具の活用方法まで教えていただきました。現場で働く三恵会の介護職員の皆さんに『持ち上げない介護』について丁寧に教えていただき、より一層介護に興味を持つことができました。
 

<車いすで多目的トイレへ>

     <自動販売機の使いやすさを確認>
 

5月
祝・優勝(全日本ウエイトリフティング選手権大会 於:岩手)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 本校スポーツ専門員の矢葺たけしが、国内最高峰の標記大会、96kg級において悲願の初優勝を果たしました。週末の県総体に向けて、本校生徒も力が入ります。
 
 

5月 9日
表彰伝達

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今回の全校集会では、ウェイトリフティング部、陸上競技部、バスケットボール部、卓球部の第73回愛媛県高等学校東予地区総合体育大会と総合体育(ボクシング)の第73回愛媛県高等学校中予地区総合体育大会、第30回全日本新空手選手権大会の表彰式が行われました。
 
 

5月 6日
PTA総育会総会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 授業参観(グループ結団式)の後、PTA・総合学科育成会総会が実施されました。行事報告及び決算報告がされ、新旧役員の交代となりました。また、本年度の行事予定(案)及び予算(案)について審議され、承認されました。今年度もPTA活動が円滑に行えますよう、御理解と御協力をお願いします。
 
 


5月 6日
グループ結団式 ・ グループマッチ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グループ結団式を行い、青龍・黄神・紅鷹の団結を深めることになりました。まず、校長先生から各団長へ団旗が渡され、グループ対抗で競技を行いました。第一部は長縄跳び、第二部は綱引き、第三部はリレー競技でした。
   

  
 

4月 18日
遠足

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 天気にも恵まれ遠足日和の中、本校2年次生は坊ちゃん劇場「ミュージカル瀬戸内工進曲」の観劇と愛媛県立とべ動物園の散策で親睦を深めました。
 
 
 

4月 9日
対面式

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 全校生徒の初顔合わせである対面式が本校体育館で行われました。
2・3年次代表として生徒会長から新入生に向けて「何でも聞いてほしい」と歓迎の挨拶があり、新入生からは「いろいろ教えていただきながら、南高の良き伝統を引き継いでいきたい」という決意の言葉が述べられました。
 
 

4月 9日
部活動紹介

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 本校武道場で部活動紹介が行われました。どの部員も、趣向を凝らして部紹介を行っていました。本校は、体育系9部、文化系11部、合計20の部活があります。部活動への加入率は大変高く、放課後は各部活発に活動しています。1年次生は完全入部制です。文武両道を目指して頑張りましょう。
 
 

4月 8日
入学式

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 平成31年4月8日(月)、銀杏の木にも力強い春の息吹が感じられる本校の体育館で多数の来賓と保護者のご出席の下、入学式が執り行われました。新入生109名の皆さん、ご入学おめでとうございます。
 校長式辞の中で、「皆さんには『考える』活動を通して多いに自分を磨き、地域を支える人間として成長してほしいと思います。『新居浜南高校を卒業したい』という強い思いをもって学校生活を送れるよう、今の自分をしっかりと見つめ、三年後に成長した自分を夢見て、素直な努力を続けてください。素晴らしい高校生活が送れることを祈っております。」と述べられました。
 
 


3月13日(水)
生徒課 制服について

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 本校の女子の制服が、STU48の「風を待つ」で紹介されています。
 全校生徒でこのDVDの一部を鑑賞しました。
 
 本校の制服は『やさしさ』や『純粋さ』を表現し、小さな『自信』をもっともっと大きくしてもらいたいという願いが込められています。
 南高校の制服を、正しくプライドをもって着こなすことが、自信へとつながります。

3月20日
終業式

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

校長式辞
 今年度は平成最後の年度でした。5月から新元号に変わります。この節目に、しっかりと振り返り、次につなげてほしいと思います。皆さんは、さらなる真価を発揮してくれたと思います。先ほど壮行会を行った、ウエイトリフティングの近藤さん、ユネスコ部の伊藤さんにも、是非頑張ってきてほしいと思います。
 「喝」という言葉が本館入り口の石碑にあります。三学期の最初の始業式で、喝という言葉になぞらえて「ぼーっといきてんじゃねえよ」という流行語の話をしました。「 Don't sleep through life. 」という英語表現でさらによくわかると思います。
 「考える」というキーワードを年度始めに目標に掲げました。昨日の「体つくり運動」においても、皆さんが考え工夫している様子が見られてよかったです。あるテレビドラマで「 Let's think 」という言葉を教師が繰り返し生徒に伝えていました。考えることの大切さは、至る所にあると思います。
 一昨日は合格発表でした。希望を抱いて入学したあのころを思い出してほしい。そして暖かく新入生を迎えてください。運動部は、最後の県総体の地区予選が始まります。真の実力をつけて、ぼーっとしないで頑張ろう。
 春休みにできることから始めよう。
 

3月14日
事務から連絡 エアコンの設置工事について
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 PTA臨時総会での賛同を受けて、本校でも普通教室にエアコンを設置することとなりました。
つきましては、終業式以降4月末完了を目指して設置工事を行います。御不便をおかけいたしますが、御理解と御協力をお願いいたします。

3月13日(水)
『こころの病気と福祉』(福祉サービス系列2年次)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 聖カタリナ大学の 村岡 則子 准教授を講師にお招きし、『こころの病気と福祉』というテーマで話していただきました。こころの病気は誰でもがかかりうる病気であり、正しく理解して上手に付き合うことが大切であることがわかりました。相手の良いところを見つけたり短所を長所に言い換えたりする演習を行い、異なる見方でとらえ直すことで気持ちも随分変化することがわかりました。また、福祉系の資格と職業についても関連付けて話してくださり、進路について考える機会になりました。